カテゴリ:年中行事( 52 )

母の日

月齢 19
月の出 21:25 月の入り 6:59 @東京
f0326160_11424376.jpg


[PR]
by tukiyomi_koyomi | 2017-05-14 11:48 | 年中行事

ひな祭り

月齢 5
月の出 9:05 月の入り 22:36 @東京

きょうは楽しいひなまつり♪
f0326160_11500293.jpg

桃の花 繁殖力が強く、陽性の植物であることから強力な魔除け効果あり
菱もち 紅・白・緑ですが、紅は桃の花で魔除け、白は雪で浄化、緑はよもぎで厄除け効果あり
ひなあられ ピンク・緑・黄色・白で四季をあらわします。関東ではぽん菓子、関西ではあられです。
はまぐり  対になっている貝でなければあわないことから一生その人とそいとげられる
ちらしずし 縁起のいい具がたくさんはいっていることからよい結婚ができる                           

運がよくなる 日本のしきたり 小泉茉莉花著(三笠書房 王様文庫)より
[PR]
by tukiyomi_koyomi | 2017-03-03 11:57 | 年中行事
月齢 8
月の出 11:49 月の入り 0:43 @東京

毎年恒例、通称大女子会
(小泉茉莉花とマリィ・プリマヴェラ先生・森冬生先生・天城映先生・章月綾乃先生の5人の占術家のグループ)の
節分方違え旅行(節分の日に自分の家でないところですごすと運気がよくなるそうです)は今年も箱根へ。

まずはロマンスカーの中でのランチに恵方巻。方位磁石で今年の恵方を調べます。今年は北北西です。
せっかく章月先生とご一緒なのに、恵方をむいて無言で願いごとをとなえながら、一気に食べます。
恵方巻、ハーフサイズでも結構大きくて、もう大変。。。。
f0326160_15485879.jpg

この日は晴天に恵まれて、ロマンスカーの車窓から富士山がきれいにみえました。
途中合流の森先生も加わって写真撮りまくり。写真は森先生撮影
f0326160_15480041.jpg

夜には宿のサービスで豆まき。こんな豆を人数分まいてくれます。年の数にはたりないけど。。。。(写真は章月先生撮影)
f0326160_15482356.jpg

節分に運気があがること全部やれました!
ここのところ富士山ともご縁があるし(富士見坂に富士山の夢、そして今回。。。)
いいことあるといいな。
[PR]
by tukiyomi_koyomi | 2017-02-05 16:08 | 年中行事

富士見坂

月齢29  明日は新月です。
月の出 5:52 月の入り 16:24 @東京
f0326160_15182457.jpg

言葉では知っていても、実際には見た事がないものがたくさんあります。
昨年末、用があって、都内某所に向かって歩いている途中、ふとみたら、坂のむこうにきれいな富士山が。。。
おー、これが富士見坂だ!
初めてみた富士見坂!

初日の出、ここからみたらきれいにみえるかなとか思ったりもして、
その後も何度か通ったけど、
このとき以外に富士山をみることはできませんでした。晴れてたらみえるというものでもないんですね。

2015年末に発売した拙著「運がよくなる日本のしきたり」に富士見坂もいれましょうといっていたんですけど、
ページの都合で入りませんでした。
マンションなどがたって、年々みえなくなっていってるみたいです。
今のうちにみておかないとというものがたくさんありますね。
f0326160_08343826.png



[PR]
by tukiyomi_koyomi | 2017-01-27 15:34 | 年中行事

アドベント(待降節)

f0326160_11275560.jpg
月齢27
月の出4:04月の入り15:21@東京

ヨーロッパの人たちにとっては、クリスマスは一年で一番大きなイベント。
12月25日だけをお祝いするのではなく、長い準備期間をもうけてこの日をもりあげていきます。
この準備期間のことを待降節(アドベント)といいます。
地方によって違いはありますが、11月26日以降の日曜日から約4週間と言うのが一般的です。

最近はクリスマスリースがドアに飾られていたり、アドベントカレンダーが売られているのをよくみかけるようになりました。
小泉は毎年ロイズのアドベントカレンダー。
去年は甘い物を自粛して、紅茶のアドベントカレンダーでしたが、やっぱりアドベントカレンダーはこれです!
そのほかには、小さなクリスマスツリーとクリスマスリースも飾っています。

先日ラジオをきいていたら、ドイツのアドベントについて話していました。
ドイツでは、アドベントクランツといわれるリースの中に4本のろうそくをたてて、
1週目に一本、2週目にもう一本と火をともしていきます。
最後のろうそくと最初のろうそくの長さに差がでます。
1週目~4週目にともすろうそくの意味、色などきまりもあるようです。


[PR]
by tukiyomi_koyomi | 2016-11-27 11:42 | 年中行事
f0326160_20430849.jpg
月齢 11
月の出14:34月の入り1:51@東京


11月11日は酉の市。一の酉です。
寒いし、雨降ってるしで、めげそうになりましたが、夕方でかけていきました。
小雨になってきていたので、同じ考えの人が多かったのか、会社帰りの人が多いのか、
人出がだんだんふえていくぎりぎりのところでちょうどよかったです。

酉の市は来るべき年の幸福と商売繁盛を祈る年中行事。
酉の市は関東だけで、関西では十日戎が酉の市にあたります。

今年も富をかきよせるとされている神社の熊手のお守りをいただきました!
境内には熊手をうる出店がいっぱい。
とてもきらびやかです。

一の酉のお参りができなかった方は是非23日の二の酉へ。

[PR]
by tukiyomi_koyomi | 2016-11-11 20:54 | 年中行事

イースター

f0326160_16440331.jpg


月齢 13
月の出16:50月の入り4:54@東京

明日は満月!
春分の日の次の満月の次の日曜日がイースター。
20日が春分の日で明日が満月ってことは27日がイースター、キリストの復活を祝う行事です!

イースター、毎年いってますけど、あんまり普及しませんね。
ハロウィンみたいに仮装もしないし、うさぎと卵がシンボルで、お菓子もチョコレートぐらいしかないし。。。

イースターの語源は春とあけぼのの女神エオストル。
この日は、早起きして、東の空をほんのりあかね色にそめながらかけぬけていくあけぼのの女神におはようのあいさつをすると
いいことありだそうですよ。



[PR]
by tukiyomi_koyomi | 2016-03-22 16:53 | 年中行事

節分お化け

f0326160_09292368.jpg

月齢28
月の出5:10月の入り15:51@東京

明日は新月、旧暦のお正月。
きょうは旧暦の大みそかですね。

さて、また節分へと話が戻りますが、節分お化けという風習があって、
季節の変わり目である節分の夜に徘徊するという鬼をやりすごすために仮装をするのだそうです。
京都を中心に江戸時代あたりからさかんにおこなわれていた民間信仰で、
京都の花街などで節分の客寄せとして再びクローズアップされていた隠れたイベント。
それが最近脚光をあびているのだとか。
京都の貴船神社では、「京都お化け祭」が開催され、大人気なんだそうです。
節分もコスプレイベントになりそうな。。。。

写真はパン屋・アンデルセンの節分限定商品。
鬼に金棒。
ビジネスチャンスはいろいろありますね。


[PR]
by tukiyomi_koyomi | 2016-02-07 09:43 | 年中行事
f0326160_09561171.jpg
月齢26
月の出3:26月の入り13:55@東京

おとといが節分、きのうが立春でした。
節分の日は昨年、占いコンシェルジュとして一緒にイベントを開催した占い師5人で箱根へ。
節分の日の夜11時ー立春の1時まで2時間家をあけていると運気の流れがスムーズになると
東洋占術の大家・大石眞行先生に教えていただいたので、小泉は、節分方違え(せちぶんたがえ)をやってみようと思ってでかけました。

箱根の山はやはり寒くて、雪があちこちに残っていて、この日も、夜から雪になりました。
小雪舞い散る露天風呂でその時間を迎えました。
いいことあるかな。

で、小泉は、その前にお昼ご飯に恵方巻。
ロマンスカーの中で、南南東をむいていただきます。
列車が発車してしまうと方位がかわってしまうので出発前の時間にいただくという荒技。
しかも、あまりたくさんは食べられないので、恵方巻は具が7種類なのに3種類しかはいってない肉巻きをチョイス。。。

夜には章月綾乃先生ご持参の豆まきをホテルなので遠慮がちに。

まあ、気持ちですからということで。






[PR]
by tukiyomi_koyomi | 2016-02-05 10:17 | 年中行事
f0326160_12203658.jpg

月齢22
月の出ー:-月の入り11:02@東京

読まなくちゃいけない本はいっぱいあるのだけど、
やっぱり年中行事関係の本を読んでいる。
「暮らしのならわし 十二か月 白井明大@飛鳥新社」
白井明大さんはベストセラー本「日本の七十二候を楽しむ」の作者。
七十二候の本も読んだけど、こちらの本の方がだんぜんおもしろい。

早いもんで、きょうから二月です。。。
2月3日は節分で4日が立春、6日が初午、8日から旧暦の新しい年のスタートです。
立春がすぎてから新年がおとずれることを年内立春というのだそうです。

まずは、3日に恵方巻をいただきましょうか。。。

小泉茉莉花の「運がよくなる日本のしきたり」@三笠書房 王様文庫もごひいきに。
f0326160_08343826.png
<br>

[PR]
by tukiyomi_koyomi | 2016-02-01 12:32 | 年中行事

小泉茉莉花からのお知らせと月情報


by tukiyomi_koyomi