羊神社

f0326160_12254299.jpg

月齢3
月の出8:22月の入り20:14@東京

名古屋までいったので次の日は伊勢神宮まで足をのばしてと思っていたのだけど、
羊年の年明けにたまたま名古屋にいて、羊神社におまいりにいけるというのも何かのご縁と思い、予定変更。
羊神社の最寄り駅には同じところにいく雰囲気の人がたくさん。
住宅街にある小さな神社に初もうでのときはどれだけの人がおまいりにきたのだろうと思うと
少し時期がずれていてよかったと思う。
それでも境内には人がたくさんいてとてもにぎやか。
羊神社は「羊太夫(多胡郡の領主)が奈良の都に上るときに立ち寄っていたゆかりの屋敷がこの地にあり、
この土地の人々が平和に暮らせるため、「人心を安らかに」という願いをこめて火の神を祀ったといわれ、
羊神社と呼び称えるようになったと伝えられているのだそう(羊神社由緒略記より)
羊神社のご祭神は天照大神と火之迦具土神(日本神話における火の神)。
火災除の神として崇敬者が多いのだそうです。

羊の絵が描かれたおまもりや親子の羊の置物などがもう後数個しかないという状態になるのは
あっという間。午後からおまいりにきても、お守りなどをいただくことはできないようです。
おみくじをひいている人がたくさんいたので、
私も一昨年の初詣のとき江の島神社で凶のおみくじを引いて以来、こわくてひけなかったのだけど、
勇気をだして挑戦してみました。

「中吉」!
よかったぁ。。。。。。
とても気がいい、活気にあふれた明るい神社でした!

[PR]
by tukiyomi_koyomi | 2015-01-23 12:41 | パワースポット

小泉茉莉花からのお知らせと月情報


by tukiyomi_koyomi