夏越の祓 北海道神宮

月齢27 4日が新月です。
月の出2・25月の入り16:32@東京6月30日は夏越の祓。
郵送で人形を送って夏越の祓のお祓いしていただくことはずっと続けています。
遠方だったり、用事があったりで当日おまいりにいけない人のためですが、
昨年、章月綾乃先生に誘われて、夏越の祓の神事に参加させていただいて、
茅の輪くぐりをしたので、今年も参列させていただくつもりでした。
が、6月30日は東京にいないということに気がつきました。
それなら、その日に滞在している近くの神社で茅の輪くぐりさせていただきましょうというわけで北海道神宮へ。
f0326160_12354631.jpg

北海道で神社におまいりにいくのは初めて。
慣れない土地でたどりつくのが大変でしたが、無事茅の輪くぐりをしてお祓いすることができました。
夏越の祓の神事には時間の都合上、参加できないのが残念でしたが。。。
たくさんの人出だったと思いますから早い時間におまいりしたこともよかったのかも。
鳥居をくぐった瞬間、空気が変わるのがわかりました。
北海道神宮、とにかく広いです。鳥居から本殿まで緑の中をひたすら歩きます。
台湾からの参拝者が多いようで台湾語と英語のおみくじがありました。
f0326160_12361391.jpg

 夏越の祓のお菓子といえば水無月(京都ではよく知られているようですが、東京ではあまり知られていませんね)ですが、
六花亭では、夏越餅(葛粉とわらび粉でつくったお餅で柚子餡を包んだもの)が7月限定で販売されていました。
見た目に涼しげなお菓子です。
ちなみに、7月限定のものにはもうひとつ土用にいただく土用餅
(柔らかなお餅をこし餡で包んだもの。「暑気払い」になると伝えられるお菓子)が販売されていました。
土用餅は広く知られていて、お店でも売られています。
小豆には邪気を払う力がありますから、是非めしあがってください。
[PR]
by tukiyomi_koyomi | 2016-07-02 13:11 | パワースポット

小泉茉莉花からのお知らせと月情報


by tukiyomi_koyomi