月齢29

ご自分の生まれた日の月齢を知っていますか?

新月~新しいことを始めるといいと言われています。小泉もよく言っていますが。。。
小泉は新月に「さあ!新しいこと始めよう!」とは思っても、行動におこすまで少し時間がかかります。
だいたいファーストクォーターあたりで始めることが多いのです。

そう、生まれたときに身体の中に月のサイクルが刻み込まれていて、
小泉の場合はファーストクォーター生まれなので、そこから始まっているのだと思います。

自分の行動サイクルについて考えてみてください。
新月よりちょっと前に生まれた人(バルサミックムーン生まれですね)はややフライング気味、
フルムーンの頃生まれた人は満月!からスタートということが多いのではないかしら?

そんな月のサイクル(ルネーション)については第二回目でお話いたします!

第三回目は月に願いを!
いつどんな願いをどんな方法で月にお願いすると叶いやすいのかというお話がメインです。
新月のときはこんなことをするのがいい、上弦の月のときはこんなお願い事をするのがいいというお話、
それから、月の言い伝えなどのお話もたっぷりさせていただきます。
皆様の生まれ育った土地に伝わる月のイベントや言い伝えなども聞かせていただけると嬉しいです!


【9/16(日)~10/14(日)】月のリズムで生きる~ルネーション占星術連続講座~第3回

~暮らしの中で活かす月~月を使った開運行動~

興味のある方はこちらからお申し込みください!





# by tukiyomi_koyomi | 2018-09-09 12:45 | 小泉茉莉花からのお知らせ
月齢16.7
小泉茉莉花(=月の魔女)とマリィ・プリマヴェラさん(=太陽の魔女)とのユニット
太陽と月の魔女のブログに連載中の水野玲さんの漫画・太陽と月の魔女の秘密。
今月は9月24日の十五夜、10月21日の十三夜にむけて月の話。
日本では月といえばうさぎです!
f0326160_21165815.jpg

# by tukiyomi_koyomi | 2018-08-27 11:27 | 太陽と月の魔女
月齢15

魚座の満月です。
感性が豊かになるとき。
絵を書いたり、小説や詩を書いたりするといい作品ができそう。

8・26(満月)  願いが叶う日。あきらめずにやりたいことをやりましょう!
8・27     目上の人からのひきたてがありそう。
8・28 きょうはいつもと違う色をみにつけて出かけるといいことあり。
8・29 きょうは前進あるのみ!後をふりかえると幸運がディスカウント。
8・30 大自然の恵みを満喫したい日。その土地でとれた旬のものを食べて。
8・31 言いたいことがあるならその場ではっきりと。ただし、冷静に。
9・1     人脈が広がる日。広く浅くでいいので多くの人と連絡先交換を。
9・2 クリエィティブな活動をするのにいい日。芸術作品を生み出しましょう。
9・3 (下弦) 自分が楽しいと思うことをすると人も楽しませられそう。
9・4 シルバーのアクセサリーがお守りに。いつも身につけて。
9・5 時間が解決してくれるとき。あせって結論をださないこと。
9・6 臨時収入がありそう。感謝の気持ちを形に。
9・7 人が集まる場所にラッキーあり。おしゃれしてでかけましょう。
9・8 厳しい現実でも目をそむけないで。地道な努力続けましょう。
9・9(重陽の節句) 遠く離れた友達を訪ねて旅にでかけるとラッキー。

# by tukiyomi_koyomi | 2018-08-26 08:00 | 月からのメッセージ
月齢12

占い師5人のグループ通称大女子会で新宿で遅いランチ。
その後、突然、太陽と月の魔女の太陽と月の魔女カード・プチ実占セミナーでおせわになっている麻布十番にある占いカフェ&バー燦伍(サンゴ)へ行こうということに。。。
バーテンダーにして占い師の千田歌秋さんにタロットのカクテルを作っていただきました。
小泉は太陽のカクテルをノンアルコールにしていただきました。
f0326160_08414699.jpg
大女子会メンバーで乾杯。(章月綾乃先生の写真が美しい)

f0326160_08474631.jpg
すべてタロットの大アルカナから名前がつけられています。
月のカクテルがないのが残念。
月の魔女が太陽を飲み干すので月食なんですねと章月先生にいわれました。。。

思いがけず、千田さんにビブリオマンシーのやり方をいろいろおききできて素敵な夜でした!
ご馳走様でした!

麻布十番にある占いカフェ&バー燦伍(サンゴ)は隠れ家のような素敵な場所。
おいしいカクテルやドリンク、お食事もできて、
イケメン占い師千田さんだけでなく、占い師さんの占いをうけられて
おすすめです!


# by tukiyomi_koyomi | 2018-08-23 08:51 | その他
月齢8.7

1992年1月に「ルネーション占星術」の本が小泉茉莉花と鏡リュウジさんとの
共著で出版されました。ところが、ほどなく出版社がつぶれたので
幻の本になってしまいました。
今の方が逆にネットに中古品がでているので入手可能といえるかもしれません。
f0326160_22411063.jpg

同年7月に「聖伝ルナ・タロット」@学研エルブックスという本を
出版しました。
月の満ち欠けをモチーフにした28枚のカード。
安久津和巳さんが美しい絵をつけてくださいました。
ルナタロットを使ってい占いを書いていらっしゃる方をときどきブログなどでおみかけしていました。


    
f0326160_22261908.jpg
              

小泉の使っている「ルネーション占星術」のルネーションサイクルのシンボルは
「聖伝ルナ・タロット」の28枚のシンボルと同じです。
同じ月齢に対するシンボルなのですから同じであって当然といえば当然です。
もちろん、これは小泉オリジナルで、著者によって月齢のシンボルは違います。

9/16(日)~10/14(日)】月のリズムで生きる~ルネーション占星術連続講座@ちえの樹の第2回9月30日の「ルネーションサイクル」では、
この月齢のシンボルを使って、性格から人生のサイクルまでだしていきます。

現在ルナタロットは重版未定で、入手困難ですが、
過去に購入して、ルナタロットをまだお使いの方、
すっかり忘れていたけどまた使おうかなとお思いの方などいらしたら
是非お話ききにいらしてください。

小泉は最近、鑑定にルナタロットをまた使い始めました。
このカードが占う方の深層心理を的確にひきだしているのでびっくりします。
それは、小泉がこのルナタロットのシンボルを使って
毎日のように原稿を書き続けているので、
無意識の中に入りこんでしまった結果なのだとも思います。

9/16(日)~10/14(日)】月のリズムで生きる~ルネーション占星術連続講座@ちえの樹の第2回9月30日の「ルネーションサイクル」
ご興味のある方は是非!

詳細・お申し込みはこちら










# by tukiyomi_koyomi | 2018-08-20 22:43 | 月のお話

小泉茉莉花からのお知らせと月情報


by tukiyomi_koyomi